導入事例

Client voice
トラブルの対処法を蓄積し、スタッフがすぐに解決法にたどり着けるようにしています。
技術職のノウハウは、文字や言葉だけで伝えるのに限界がありました。soeasy buddyなら簡単に動画でノウハウを蓄積して共有できるので、従業員育成には大変効果的ですね。
生活トラブル解決サービス
ジャパンベストレスキューシステム株式会社様
駆けつけ領域鍵チーム マネージャー 玉置 恭一様
導入前
文字や口頭でのノウハウ伝達による、非効率な情報共有。また、お客様へのご提案も属人的で、スタッフごとにバラつきがあった。
導入後
リアルタイムでのノウハウ蓄積・共有によるトラブル解決効率の向上。お客様へのご提案も内容が均質化し、レベルアップ。
1
soeasy buddy導入のきっかけを教えてください。
弊社は鍵・ガラス・水回りなどのトラブルを解決する会社です。
そういったトラブルに対応する技術職のスタッフは、基本的に一人で稼働することが多いんですね。
するとどうしても、自然と閉鎖的になってしまう部分があります。

その中で、「こういう鍵のトラブルに出くわしたけど、こういう風に解決できたよ」といったノウハウの共有は今までもやってはいたんですが、やはりどうしても文字や言葉だけでは限界がありました。

実際に機械が動いているところをしっかりと映像として共有し、情報の精度を上げる。
そういうものがないかな、と考えていたところにsoeasy buddyを紹介いただきまして、非常にメリットがあると思い導入しました。
2
どういった運用をしていますか?
鍵やガラス、水回りについては、そこに使われている技術がどんどん進化していきます。
ですので、我々もその技術に常に追いついていないとトラブル解決が難しくなります。
そのため、それぞれのトラブルのパターンごとに、技術的な対処法をしっかりと動画でsoeasy buddyに蓄積しています。

そうすることで、スタッフが次にそのトラブルに当たった時に
「このパターンはsoeasy buddyのあそこの項目にあったな」
「この動画をなぞれば解決できるな」
とすぐに解決法にたどり着くことができます。

そしてもう一つ、soeasy buddyを使って追及しているのが、お客様へのご提案の品質向上です。
弊社をご利用いただくお客様からは、色々なご要望をいただくことも多いんですが、それに対してしっかりご満足いただけるようなサービスや商品のご提案をすることが非常に大切です。

ただ、やはり従来はその内容がどうしても属人化しており、スタッフごとに偏ったご提案をしていることもありました。
それを項目ごとに、ロープレ形式のお手本として動画でsoeasy buddyに蓄積し、またブラッシュアップしていくことで、どのスタッフが行っても高いレベルでお客様にご満足いただけるようなご提案ができるようにしています。
3
どういった効果がありましたか?
技術面については、トラブルのパターンごとの対処法が蓄積できているので、
実際、現場でそのスタッフが新たなトラブルに直面したとき、動画を見返すことで解決ができた…
という事例が多くなってきています。

お客様へのご提案のロープレ動画については、
一人一人がお手本用の動画を作成していまして、その動画の作成自体をスタッフ育成の一環として考えています。

まず動画を撮るために自分の提案を言語化する、というところから始めて、
言語化することによって自分の提案を振り返る事ができますし、
さらにそれを全員で共有することで、お互いにフィードバックし合うようにしています。

これがスタッフの効率的な育成につながり、お客様へのご提案の内容が均質化し、レベルアップしているのを感じています。
4
おすすめできるポイントは?
自分のノウハウを言語化して、かつ動画にして展開する、ということを自分自身でやることが、
そのスタッフの大きな成長につながっていると思います。

お客様に対して色々な提案やお話をする企業様であれば、soeasy buddyを使うことで
従業員育成面でもかなりの効果が得られるのではないかと思います。

技術をメインとする企業様であれば、
社内のノウハウの蓄積について紙や静止画を使うのではなく、正にその技術を使っている動きのある映像として残しておけるというのは非常に大きなメリットだと思います。
月額1万円から、すぐに利用開始いただけます。
料金プランなど、詳しくはお気軽にお問い合わせください。