カンタンに作れて、自動で字幕翻訳がつくスマホ動画マニュアルツール
カンタンに作れて、スグに現場に共有できるスマホ動画マニュアル作成ツール

こんな課題、ありませんか?

  • 同じ説明や同じ質問への対応を何度も繰り返している
    同じ説明や同じ質問への対応を
    何度も繰り返している
  • 管理者や通訳者が実習先を飛び回ってフォローしている
    管理者や通訳者が実習先を
    飛び回ってフォローしている
  • 生活トラブルや補導などの問題が実際に発生している
    生活トラブルや補導などの
    問題が実際に発生している

これまでのやり方を続けていると、スタッフも外国人財も疲れてしまいます

soeasy buddy for global workerは、技能実習生のための、スマホ動画学習・連絡ツールです

soeasy buddy for global workerは、技能実習生のための、スマホ動画学習・連絡ツールです

「入国時・入寮時に説明したのに、また同じ質問をされた」
「ゴミの出し方が酷くて大家さんに呼び出しを受けてしまった」
「毎年この時期になると書類の説明が大変だ」

soeasy buddy for global workerはスマホの短尺動画を活用し、日本での生活の仕方や書類の手続きなど、これまで口頭で何度も説明していた内容を簡単に、母国語に翻訳のうえで現場で浸透させていくことができるサービスで、問い合わせ数は3割、移動時間を4割程度の削減が期待できます。

すでに、複数の導入団体様で大きな効果を実現しています。

特徴

  • “視覚”でダイレクトに伝わる説明動画

    Point 01“視覚”でダイレクトに伝わる説明動画

    「何度同じ説明をすればいいんだ」
    「口頭だと伝わりづらいから、訪問して説明しなきゃ…」
    悩める本部の悩みは、動画を活用して情報を直接伝えることで、解決することができます。

    技能検定関係や脱退一時金関連の書類の書き方、実習先の技能指導など、簡単に動画化することで説明時間を大きく短縮できます。さらに日本語・実践生活動画420本を既にご用意。ゴミの出し方から災害対策まで幅広く網羅しております。

  • “様々な連絡やフォロー”を可能にするSNS機能

    Point 02“様々な連絡やフォロー”を可能にするSNS機能

    「大事な連絡なのに電話にも出ない、メールも見たかどうか分からない…」
    「個人のSNSではなく、専用の連絡手段を持ちたい」

    手続きに関する重要事項連絡や地域イベントの情報発信、災害時の危険周知・安否確認など、本部からの多種多様な連絡を一斉発信できます。実習生側からも発信ができるので、双方向のコミュニケーションが実現、団体や受入企業独自のコミュニティが形成されます。多言語対応で入国前から使用可能なので、一貫したフォローも実現できます。

  • “視聴状況”が一目でわかる管理機能

    Point 03“視聴状況”が一目でわかる管理機能

    マニュアル動画を作っただけでは意味がありません。
    実際に視聴されているか、役にたっているかを分析し、実習生がリアルに求めているものを提供できてこそ、初めて意味があります。

    soeasy buddy for global workerでは、個人毎に簡単に学習動画を紐づけ、進捗を管理するとともに、情報の有益度も算定して、露出を増やすような最新の管理機能を備えています。管理画面も多言語対応しております。

  • “自動字幕・翻訳機能”で教育効果を増幅

    Point 04“自動字幕・翻訳機能”で教育効果を増幅

    「せっかく動画を作っても日本語の理解力が不足して伝わり切らない」
    「翻訳やテロップ追加など動画編集は面倒」

    AIを活用した自動字幕・翻訳で、実習生の日本語力に依存することなく、きちんと動画の情報が伝わります。撮影した動画を本ツール上にのせるだけで簡単に翻訳字幕付き動画が制作できます。

サービスを詳しく知りたい方はこちら

導入効果紹介

実習生から発生する同じ内容の問合せ対応や
訪問説明に使っていた時間を、soeasy buddy導入で大きく削減可能。

個人SNSでの対応で業務とプライベートが曖昧になっていた状況も
soeasy buddyを専用連絡ツールとして導入することでスムーズな連絡体制を構築。

  • 実習生からの問合せ数30%削減
  • 通訳者・管理者の移動時間40%削減
導入前の状況
  • 各種手続きに関する同内容の問合せが複数の実習生からあり、管理者の業務を圧迫
  • 技能試験や年金関連など書類関連の説明には各実習先を随時訪問説明
  • 個人のSNSで問合せ対応し、業務とプライベートが曖昧に
導入後の効果
  • 公共料金の支払い方など、よくある質問を動画化し、問い合わせをbuddy内で自然解決
  • 書類の書き方や注意点を動画化し、訪問説明自体を軽減
  • 専用連絡ツールとして、コミュニケーション活性化。スムーズな連絡体制を構築。
宮崎里司様(早稲田大学教授)からのコメント
profile

株式会社soeasy顧問
早稲田大学国際学術院日本語教育研究科教授
モナシュ大学(オーストラリア)(Ph.D)

法務省矯正局
「外国人受刑者に対する日本語指導アドバイザー」

文科省
「中学校夜間学級の充実・改善等への取組事業推進」委員

大学観光プランコンテスト
運営協議会実行委員会委員長を歴任。

プリンストン大学、オックスフォード大学、東京大学国際高等研究所、京都大学、天津外国語大学大学院のリサーチフェローを経て、現在、ベトナム国家大学日越大学日本語教育プログラムディレクター(ベトナム・ハノイ)。

宮崎里司様(早稲田大学教授)からのコメント

“これまで培ってきた日本語教育の知見を活かし、きちんと役割参加できる外国人財を応援していきたい”

外国人労働者150万人時代を迎えた2020年代は、ますます労働人材の多様化が図られてきています。そうしたなか、持続可能(サスティナブル)で、働きがいのある職場環境を創りながら、外国人財の雇用を考えられる企業が差別化の先頭を走っています。

soeasy buddyは、外国人雇用に悩む企業の課題解決を支援し、労働力の供給や需要を、入国前→入国の受け入れ→配属などの連続性の中で、それぞれの過程で行われる研修の効率化をめざすノウハウを提供します。アドバイザリーを務める宮崎も、これまで培ってきた日本語教育の知見を活かし、ビジネス場面で、きちんと役割参加できる外国人財を応援していきたいと思います。

ご利用までの流れ

  • Step 01

    デモ確認

    まずは無料デモを確認することをオススメしています。
    フォームよりデモの利用をお申し込みください。

    デモ確認
  • Step 02

    利用申込

    貴社に合わせた運用プランを設計いたします。

    利用申込
  • Step 03

    利用開始

    貴社に専属のサポートチームが運用を支援します。

    利用開始

料金プラン

料金プラン

月額2万円から、すぐに導入開始できます。

利用人数に応じた、シンプルな月額費用。

基本料金は安くても、
オプションやコンサルティングで毎月の費用が膨らむ。
ツールを導入したけど、結局誰も使わなかった…
これまで、そんな経験はありませんか?

soeasy buddyはシンプルな月額の料金体系で追加の月次費用はいただいておりません。ノウハウが現場に浸透し、売上を上げスムーズな立ち上がりや運用支援に向けるためにカスタマーサクセスが専任でサポートさせていただきます。

動画の撮影・編集代行などもサポートしております。

短いスマホ動画で現場が変わります
お電話でのお問い合わせはこちらまで03-6228-1647